2009年11月05日

氷見三昧弁当たべた

去る11月3日、東京有楽町にある「いきいき富山館」で、
氷見三昧弁当が限定50個販売されました。





前回の氷見きときとまつりでは、あっという間に100食完売
さて、今回の有楽町は50食、何分もつでしょうか・・・face06

ところで、「いきいき富山館」には、今回初めて訪れました。
しきりなし人が入ってきて、随時店内には20人はいたかな。

想像していたより、大賑わいでびっくりですface08






11時の販売開始まで、あと10分です。。。。
最初の第一段、10個ほどをつくってます。

15分ほど前から、人が並んできました。
自分もつかさず、3人目に並んだ(笑)

で、早速、購入。





じゃーん、これが、氷見三昧弁当です!

ハト麦(おそらく?未確認)の稲をつけて、ちょっと高級感を高めて
期待を膨らませます。

氷見のおいしさが詰まった弁当、さあ、蓋を開けます。
(作っているところ、みてたくせに・・
・・という大人げないツッコミはやめてねface07)





すると、大部屋2つと小部屋が2つの箱に、
それぞれのテーマで氷見が盛り込まれていました。

全部で、23種類もの多彩な幸が入っていますicon28

早速、味見を・・・・

・特上チラシ寿し
 チラシ寿しらしいしっかりとした味で、上にはやっぱり、ブリ!
 ブリのしっとりした食感がチラシ寿しにもまた合います。

・氷見里山 煮ころがし
 料亭で食べる味を弁当で再現した感じです。
 この単品だけでも、売れそうです。

・夕焼け焼
 鯛の焼き魚は口直しのよう。一口サイズで、安心する味。

・デザート
 氷見にもこんなデザートが採れたのね。。。
 ぶどうなんて・・・・

最後に・・・蓋をあけて、ちょっと少ないかもと
思いましたが、最後にはちょうどいい感じでした。

大人の弁当って感じでした。

「ごちそうさまでした。」icon22



同じカテゴリー(その他、なんでもかんでも)の記事
ありがとう、2017年!
ありがとう、2017年!(2017-12-31 21:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。