2010年01月29日

失注から学ぶこと。

先日、久しぶりにホームページ製作の案件を失注しましたface07

残念ながら私には、100発100中の営業力はないので、
ご注文をいただけないことがあります。

くやしい!と酒を飲んで終わることも出来ますが、
それではいけませんface09

なぜ、ご注文をいただけなかったのか、分析して次につなげて
いかないといけません。

今回、お客様からいただいたお断りの内容は、
「もう1社の提案した金額がスカイ・アイティの半額だったから。」
といわれました。
(私自身が直接聞いておりませんが)

さすがに他社さんが同じ内容で半額を提示されると、
金額だけで決められる会社様からは、まず弊社に注文はこないと思います。

ですが・・・・

本当に価格だけか?

と考えなければいけません。

・お客様からすると過剰なサービスを提案していたのではないか?
・ちょっと自分がしゃべりすぎたのではないか?(すみません、よくありますface06
・お客様からの疑問や要望をうまく聞き出せなかったのではないか?

などなど

あげればこれまたきりがないのですが、

お客様には損をさせたくない!他社さんにいったら、損をする。
自分がリーダーシップをとって、お客様を幸せにさせなきゃだめだ!


と思って、営業をしています。

やっぱり、それくらい自社のサービスには自信があります。
みなさんもそうですよね。

と、今日も酒を飲みながら、反省します(笑)。→やっぱり、飲むんだ




同じカテゴリー(その他、なんでもかんでも)の記事
ありがとう、2017年!
ありがとう、2017年!(2017-12-31 21:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。