2010年02月13日

ファーストフード店でのやり取り

先日、とあるファーストフード店にいきました。
(商品名はあえて伏せさせていただきますねface06)

そこでのやり取りがマーケティング的?営業的?にとても
勉強になったので、報告します。

そのやり取りが以下です。

(メニューをみて、チーズハンバーガーを選んでいる)
店員「いらっしゃいませ。」
店員「ナゲット100円でお安くなっていますが、いかがですか?」

僕「いや、チーズハンバーガーセットをください。」
店員「かしこまりました。」

というやり取りでした。

ここで何がいいたいかというと、
なぜ、先にプラス提案をするんだ?ということです。
僕の頭の中ではチーズハンバーガーしか頭になく、
それを店員に注文するんだという心構えになっていました。

よって、店員に何をいわれても、頭に入らなかった。

もし、このプラス提案が後にいってくれれば
以下のようなやり取りになったかもしれません。

(メニューをみて、チーズハンバーガーを選んでいる)
店員「いらっしゃいませ。」
僕「チーズハンバーガーセットをください。」
(ここで心理的にほっとしている)

店員「かしこまりました。」
店員「ついでにナゲットもいかがですか?100円でお安くなってますよ。」

僕「じゃー、それもください。」

僕の頭の中はハンバーガーセットをいったことで、
ほっとしており、そこにあとたった100円でナゲットが
ついてくるよ。といわれると心が動いたかもしれない。

お客様の心理をついたマーケティング手法とはこのことです。
別にリアルの世界だけの話ではありません。
最近のネットショップでも、この手法が取り入れられています。

プラス提案は日々の商談でも有効です。
クロージングした最後にちょっと一言いってみてください。
いうだけはタダですからface03




同じカテゴリー(マーケティング関連)の記事
お勧めの本をご紹介
お勧めの本をご紹介(2009-09-28 19:01)


Posted by とうかい ゆうしん at 01:50│Comments(4)マーケティング関連
この記事へのコメント
ファストフード店で働いたことありますか?
Posted by nanasi at 2010年02月16日 10:07
nanasi さん

はじめまして、とうかいです。
コメントありがとうございます。

残念ながら、私自身はファーストフード店では
働いたことがありません。

前にいったパターンと後にいったパターンと
それぞれ何百件かテストしてみて、それから
結果がでるかもしれません。

ただ、私だったら後に言われた方が、購買に
気持ちが動いたかなぁと思った次第です。

nanasiさんのご意見もまたお聞かせいただれば幸いです。
Posted by とうかい at 2010年02月16日 12:10
ファストフード店で働く人は二種類います。

購買欲を云々という気も無い店員とそうでない人。

どんなに管理しても全ての人間に購買欲を持ってもらうのは厳しいですが、
おそらく前者の店員さんだったのでしょうね。
Posted by nanasi at 2010年02月16日 12:22
nanasiさんへ

ご意見ありがとうございます。

nanasiさんのおっしゃるとおりで、
フード店以外でも、どの業界でも働く人は二種類います。

ただ仕事の時間を消化している人と、いろんな意味(割愛)で頑張る人。

後者を見つける。また、後者になってもらうよう教育をしていく。
いずれも難しいことですが、永遠の課題です。

やっぱり、いろんなサービス商品があっても、
それを提供するのは「人(人間)」なんだということですね。
Posted by とうかい at 2010年02月16日 16:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。