2010年03月05日

ものごとを多角的にとらえる難しさ

(詳しくかけないので、ちょっと抽象的です。ごめんなさい。)

昨日、とある方と事業のターゲットについて、話し合っていました。

私は今思えば普通の考えで、
よりAへAへとターゲットを考えていました。

ですが、その方は、
よりBへBへとターゲットの提案をしてきます。

おどろきました!face08
そういうニッチなところがあったのは、うすうす感じていたけれど
真剣に考えることはありませんでした。

なるほど、これがファネルビジョンか。
業界にとらわれない自由な発想でした。

自分の考えはまさにトンネルビジョンでした。face07
しかも、いつのまにか固定概念に縛られていた。

よく、ものごとをいろんな方向から考えなさいといわれるが、
本当に難しいものだと気づきました。

また、思い切って相談してみるもんだと思いました。face02
おかげさまでいい感じで事業が見直されそうです。

スカイ・アイティは、この春、生まれ変わります。


ファネルビジョン、トンネルビジョンの話は、ジェイで調べてください。face03

同じカテゴリー(最近、刺激を受けた話)の記事
自分時間とは
自分時間とは(2011-03-27 00:26)

未来時間とは
未来時間とは(2011-03-24 23:56)

お客様先で・・・・
お客様先で・・・・(2010-09-23 17:25)


Posted by とうかい ゆうしん at 00:00│Comments(0)最近、刺激を受けた話
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。